2010年01月30日

現時点で職責に全力=民主・小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は25日午後、党本部で記者会見し、資金管理団体の政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部の事情聴取を受けたことに関し、「現時点で与えられた職責に全力を尽くす」と述べ、幹事長を辞任する考えのないことを改めて強調した。野党が小沢氏の国会招致を求めていることについては「国対や委員会の現場で与野党が議論することで、その結果に従う」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出(医療介護CBニュース)
社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
<水俣病訴訟>患者会と国など和解協議 東京でも提訴へ(毎日新聞)
怒鳴る客も粘り強く説得=声掛け「プロ」が秘訣−振り込め阻止の2人・警察庁(時事通信)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)
posted by コマツバラ ヨシヒコ at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。